ドライブレコーダーで万が一の場合に備えよう

女性たち

余分な作業工賃をなくそう

整備

横浜で車検を安く通すためには、点検する項目は前もって確認しておいて修理が必要な場合には自分で直せるところを直しておくというだけでも費用はだいぶ違ってきます。簡単なものであれば、ライトやテールランプ、バックランプやウインカーなどの燈火類があります。これらが切れていると車検には通らないため交換が必要です。整備工場などに任せる部品代以外にも工賃がついてくるため、余分にお金が取られてしまいます。ライトなどのバルブなんてものは、何百円程度しかしないため自分で購入してきて交換したほうが断然お得です。他にもドライブシャフトやタイロッドエンドのブーツなども長年乗っていると切れていることがあります。タイロッドエンドのブーツも数百円で購入でき、ドライブシャフトのブーツは分割式のものが約4000円ほどです。こういったものを事前に交換しておくだけでも余分な費用を発生させることなく、時間の短縮にもつながります。
横浜で車検を通す場合、多くの工場がありますが基本的に整備工場は常々予約が入っていることがほとんどです。そのため、横浜で車検を通すためには予め予約を取ったうえで通すほうがよいでしょう。車検の依頼をする前に車検証・自賠責保険証・自動車税証明書などの書類を揃えておくとよりスムーズに車検が進みます。また、車検を通す場合は横浜の工場に車を預けることになるためその代わりの代車の空きがあるかどうかもチェックしておくとよいでしょう。